エアコンクリーニングを始めてから数年は、一般的な分解の程度、つまり化粧板とフィルターのみを外して電装部品を養生するスタイルで洗う方法のみでした。最初はこれだけでもかなりドキドキします。家電を洗う、というのは禁忌という印象を拭えません。ですからやっとの思いでした。でもこれでは十分ではないことも知りました。このきっかけをくれたのはほかでもない、お客様のクレームです。数日前にクリーニングと抗菌コートを施したエアコンでのクレームでした。どうしてもその時は他の対応がわからず、お客様のご期待にはお応えできませんでした。今なら他のご提案もできたのに…と未だ心残りです。

お客様が私たちを育ててくださっていることに感謝すると同時に、やはりこのようにお客様に悲しい思いをさせたくない、という強い思いが私たちを変えていくのだと思います。当店がお伺いすることで、お客様が笑顔を見せていただきたい…そんな風に強く考えております。

このような経緯から、お客様には基本的に壁掛け完全分解クリーニングをお勧めしております。その方が必ず効果があるからです。通常の分解クリーニングですと、単なる実感ですが、やはり4割くらいの洗い残しがある気がします。それでも時間やお金を節約したい、という思いが優先される場合は、通常のクリーニングで、できる限りすすぎを多めにして対応します。なるべくでしたら、もう少し分解させていただきたいのです。そう思っていただけるよう、これまで見てきたエアコンについてできる限り記事にしていきたいです。