パナソニック週間、と昨日の記事で書きましたがこれも先の1週間に行ったものです。Panasonic CS-J221Cという機種で、2011年製です。既にカバーを外した光景です。



お客様のお宅には気管支の弱いお子さんがいらっしゃり、ぜひ分解してのクリーニングをお願いします、とのご依頼でした。まずドレンパンチェック。



衝撃が走ります。次にクロスフローファンを取り出しますと



ホコリとカビの住処になっていました。



最近、いつもアフターの写真を撮り忘れて自己嫌悪です。ドレンパン、しかもルーバー側しか残っていませんでした。

代わりにといっては何ですが、足元ごちゃごちゃで恥ずかしいのですが、汚水のチェックをお願いいたします。



ファンを取り外して洗うので、高圧洗浄そのものではそこまで水を使いません。むしろお風呂でのシャワー作業で沢山お湯を当てて1枚1枚の羽根をクリーニングしていきます。高圧洗浄機の作業だけではファンの羽根を洗うのは難しい、少なくとも当店ではそう考えております。

以下、昨日の記事の末尾の再掲です。

夏本番ですが、当店では現在9月以降のご予約がメインです。エアコンを一旦使わなくなる時期に、冷房シーズンのカビをリセットするのが実は一番のお勧めです。夏の汚れが冬の暖房時に嫌な臭いになって拡散します。予防策はエアコンクリーニングです。お問い合わせはこちらでお受けしています。

友だち追加
ラインでのご予約承ります!