ここの所、エアコンクリーニングと空室クリーニング、更に簡易造園や水回りのクリーニングなど多種多様なご依頼をいただいております。それぞれ必要なものが異なり、持ち運ぶ道具が多いので車の中がごちゃごちゃで、車だけ見ると本当に掃除屋さんなのか?と疑われそうです…。

さて、浴室で最近よく見るのがこのようなタイル床のご依頼です。最近よく見るといいましても、以前から多用されている磁器タイルの床で、滑り止めのためザラザラな仕上げです。そのザラザラの中に入り込む黒い汚れ。正体が分からずカビキラーで掃除したり、風呂用の洗剤でスプレーしたりしても落ちないとの声多数です。





毎日お掃除していても、こんな光景になってしまいます。これ、実は「水垢」で、カビキラーでも洗剤でも取れません。

水垢は日々の入浴で使う水分が残留し、乾燥して水分内の成分が残ってしまったものです。黒っぽく見えるのは水垢そのものというよりは、水垢の上にその後についた汚れが残るのです。例えば、トイレなどもそうなのですが、もともとの衛生陶器はツヤツヤでコーティングなしでも水をはじきますが、水垢が付くと撥水効果が失われます。結果として水垢の上に尿石が付いていってしまうのです。

水跡に有効な洗剤は、実はほぼ市販されていません。ですので、予防策としてはこまめな水分の除去しかありません。

このタイルは滑らない反面、水分を残しやすいですので定期的なメンテナンスはどうしても必要です。





年末の大掃除のご予約が相次いでおります。こちらまでぜひお声掛けください。お待ちしております!

友だち追加
ラインでのご予約承ります!