次亜塩素酸ナトリウムを使った掃除は効果あるの?




白くなっているところは1年前に次亜塩素酸ナトリウム溶液を塗布。




カビ対策の助っ人




当店では、カビ対策に次亜塩素酸ナトリウム溶液を利用しております。具体的には、浴室のカビ対策・壁掛け完全分解エアコンクリーニングで取り外した部品を浴室の洗い場で洗う時などです。
通常分解のエアコンクリーニングでは、カバーとフィルター以外は室内に残したままなので、エコ洗剤のみで洗います。特に熱交換器のアルミは強アルカリ性洗剤との相性があまり良くないので、ヤシの実由来の「ピア」が活躍します。洗浄力は比較的優しく、万一室内に残留分があっても害を与えにくいです。




ただ、徹底したカビ対策にを優先されるなら、やはり次亜塩素酸ナトリウム溶液に勝るものはないと思っています。




写真をご覧下さい。これはスタッフ実家の北向きの部屋の壁のカビをとったものですが、一部のみを当店使用の次亜塩素酸ナトリウムで洗浄、残りは未処理というまま1年が経過したところです。
見事に次亜塩素酸ナトリウムで洗浄したところにはカビが生えていません。




ちなみに冬場は物凄い結露→カビ発生の悪循環で、毎年のように市販のカビキラーでクリーニングしておりましたが、翌冬には元に戻る、を繰り返していました。
かなりの効果です。




※カビキラーの塩素含有量は、実はハイターなどに比べ非常に低いです。




次亜塩素酸ナトリウムとエアコンクリーニング




エアコンクリーニングで壁掛け完全分解をお勧めしたいのは、ファンやドレンパンに先にご紹介した壁と同じ処理ができるから、ということも一つの理由としてあります。
室内に残したパーツを同じ溶液で洗うことはできません。塩素臭は強烈です。
しかし浴室で短時間の洗浄作業なら、使用が可能になってきます。

ニオイの元であるカビを根こそぎ取り去るには、各パーツを本体から取り外し、浴室で洗わせていただくのがベストだと思います。




エアコンクリーニング完全分解の時、次亜塩素酸ナトリウムは浴室で使うのはなぜか




塩素臭が主な理由です。あの独特の臭いは、汚れと反応している証です。エアコンの部品は多くのご家庭でカビだらけ、塩素が加わるとものすごいニオイになります。




よく「汚れと塩素の臭いがお風呂に残るのは嫌だから、外で洗ってください」とおっしゃる方がいますが、お気持ちは分かります。




しかし、汚れを洗い流す、濯ぎ水が大量になることからきちんとした排水経路がないと、ご近所への迷惑になります。また、汚れと塩素が反応することで、屋外ではニオイもダイレクトにご近所に届いてしまいかねません。意外とトラブルになることが多いです。




※あと、エアコンのパーツを外に持ち出すと、風でフィルターが飛んで行ってしまったり、誤ってコンクリートとエアコンのパーツが擦れて傷ができる恐れがあります。




家庭の浴室で、換気を良くしてしっかりとすすぐ、これが今のところ最善かと存じます。




塩素そのものは高温で分解しますので、最後に高温のお湯で洗浄個所を洗い流させていただきます。また、塩素の臭いの程度は汚れの度合いと比例しますので、ニオイが残るなあ、と思われる場合、それは塩素が汚れと闘った証とご理解ください。




エアコンクリーニング業者自身の意見 エアコンクリーニングの頻度はどのくらいで行ったらいい?







何度エアコンクリーニングをしても臭いやカビが戻るとお悩みの方、是非一度壁掛け完全分解クリーニングをお試しください。こちらからお待ちしております!




友だち追加




ラインでのご予約承ります!