水垢、と聞いて何を連想されますか?何だかよくわからないけどお風呂の中の白い汚れはみんな水垢に見えますよね。そう呼んでいただいても構わないのですが、それぞれ落とし方や難易度が異なるので、少しずつ記事にしますね。

バスルームの白い汚れで、カビはないと思っていただいて大丈夫かと思います。なので、ハイターやカビキラーでは落ちません。びくともしないでしょう。白い汚れで思い出していただきたいのは、石鹸由来の堆積物です。石鹸カスといいますね。石鹸をお使いの方は必ずと言っていいほど床や椅子、洗面器など石鹸分を含んだ水の通り道をよく見ていただくと、パサついた感じになっていると思います。これはかなり強い洗剤を使わないと、もしくは物理的にこそげ取らないと取れません。

私がとても気になるのはシリカやカルシウム成分でできている水垢です。これは水分の残留した跡で、乾くと蒸発しきれなかった成分が残るというものです。土地により採水地が異なるので、成分も違ってきます。水垢の強い地域というのがあり、そういうエリアではお風呂の掃除を本当によく依頼されます。前に記事にしたこれも水垢です。現場は以前の記事とは異なるお宅です。





ビフォーアフターもよく違いが判りませんが、よく見ると上はうっすらと水跡がついています。白いうっすらとした斑、これが水垢です。下はクリーニング後一日たって完全に乾いています。もう水跡は分からなくなっています。

こういう白い汚れもすべて除去していくので、お風呂の掃除は時間もかかります。ほかにもどこにこういう跡があるか、またご紹介します。
友だち追加
ラインでのご予約承ります!