FUJITSUのAS-R22W-Wクリーニングを行いました。車で10分くらいのご近所です。ご依頼はご主人で、完全分解をオーダーしてくださいました。専門清掃でのエアコンクリーニングはされたことがないそうです。

2010年製です。お掃除ロボットが左側が動作しないことを事前に確認しました。

 

 

 

 

 

 

 

外観です。

 

 

 

 

 

 

 

分解後です。ホコリが熱交換器表面に多いのはフィルターの機能が低下している証拠です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホコリがたまっています。左右この状況だったので最近まで両方動いていたはずなのに…。


 

 

 

 

 

 

 

このドレンパンとファンとモーターが一式外れる構造は素晴らしいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

外部からは見えないドレンパン。そんなに使わないとのお話のエアコンでしたが、7年たつとさすがにヘドロ状のものがこびりついています。

 

 

 

 

 

 

 

 

かび臭さがエアコンクリーニングしてもとれない!というエアコンは、ここを外してもらってクリーニングしていない可能性が非常に高いです。

 

 

 

 

 

 

 

熱交換器だけの状態になりましたので、少しいつもと違う方法で養生します。壁側に水が伝いやすくなるのです。たっぷりのマスカを使っています。

 

 

 

 

 

 

 

汚水のバケツ。すすぎ水が完全に綺麗になるまでにこだわっています。

 

 

 

 

 

 

 

洗い終わった熱交換器。藤色っぽい美しい色をしています。

 

 

 

 

 

 

送風ファンも一度では汚れは落ちません。温水の天然アルカリ洗剤で漬けて、シャワーや高圧で勢いよくすすぐ、をこの日は3回セットでやっと羽1枚1枚の汚れが取れました。床にカビの混ざった水が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

お借りした浴室洗い場はきれいにお掃除してお返しします。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗い終わったパーツを復元して組み立てていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たいてい何か忘れますが、今回はクリーニングと組み立て後の本体全景を撮るのを失念。

で、懸案のロボ左側はクリーニング後も動いてくれませんでした。他の機能に問題はないので、引き続きお使いになるようです。このたびはご利用いただきありがとうございました!