東京都下で、アパートのオーナー様からのご依頼を定期的にお受けしております。築30年ほどの歴史を感じさせない美しさで、退去者の出たあとは徹底したリフォームを行われるのが秘訣のようです。今日はワンルームの原状回復クリーニングとエアコンクリーニングです

エアコンは2011年製の三菱重工のもので、目視で確認しましたがうっすらとカビがファンの隙間に見えます。しかしながら汚れているという感じではあまりなく、クリーニング後の汚水もこんな感じです。



通常分解クリーニングですので、ファンからの汚水も含まれた結果です。

同じお部屋の押入れ木部を洗いました。結果、このように。



エアコンクリーニング後の汚水みたいですね!実は、押入れってすごく汚れを溜め込む性質があります。ただ掃除機掛けたり乾拭きするだけだと不十分だと思います。布団や衣類をしまう場所。キレイになっている確信が欲しいですよね。

空室クリーニングにおいて、こちらのオーナー様は「自分が住むと仮定してどうなのか」と自問しながら手を入れるそうです。私たちも全く同感です。入居者様の目線でお手入れする姿勢、見習っていきたいです。

友だち追加
ラインでのご予約承ります!