タイトルのイニシャルは「GOKIBURI」のものだとお気づきの方も多いでしょう。特に多いのは空室だったお部屋のエアコンを引き継いで使うケースで発見されるものです。中で絶命している場合もあれば、実体はないことも。



 

 

 

 

 

 

 

 

今度入居されるお家に設置されていたエアコンで、通常分解クリーニングでご依頼のあったものですが、これはまさにゴキブリの通り道だった様相を呈しています。黒く見えるのがフンです。



 

 

 

 

 

 

 

 

こうなると通常分解で外さないドレンパンも大変なことになっていることが予想されるので、頼まれていませんが外します。もちろん、料金の上乗せはしていません。そしてやっぱりの図。



 

 

 

 

 

 

 

下から見上げた図です。送風カーブ部分にもルーバーにもカビがすごいです。通常分解なのでファンは外しません。



 

 

 

 

 

 

 

汚水です。左の2回目のバケツできれいになっているのがわかります。エアコンクリーニングを依頼したら、必ずきれいになるまですすいでもらいましょう。一杯目の黒い汚水バケツを見ただけで満足してはなりません。



 

 

 

 

 

 

 

 

ドレンパンを洗いました。フンもカビもありません。



 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

通常分解なので直接洗えるのはカバー裏と送風カーブまで、ファンは高圧洗浄機の水圧で洗える範囲です。

ゴキブリのいたエアコンを使いたくない、と分解後クリーニングをキャンセルされ処分を決定されるお客様もいらっしゃいます。エアコンの寿命とは関係がなく残念ですがお気持ちは十分わかります。使えるので勿体ない、分解して洗って使いたい、というお客様にはできれば完全分解クリーニングをお勧めします。さわやかな風で新生活を始められるよう、応援致します!