エアコンクリーニングのお問い合わせをいただく季節となってきました。通年ご依頼はあるのですが、暖かくなってくると、やはりより多くなるものです。寒い時期より暑い時期の方がエアコンを使う方が増えるのです。私たちもそうなのでわかります。

先日、当店と取引のある電気工事士の方と話す機会がありました。3月は空調関係の仕事が忙しかったとのことです。なぜかお聞きしたところ、使い初めにトラブルが多発するのだそうです。そうです、真冬はエアコンを使わなかった方たちからのご依頼だったそうです。「久しぶりに使おうとしたら変な音がする」「動かない」等々、エアコンが休みすぎて再稼働したくないとストライキを起こしているかのような状態です。

エアコンはもともと「クーラー」と呼んでいました。今は暖房機能がついているのでそう言われなくなったのですが、その感覚で夏しか使わない方も多くいらっしゃるのかもしれません。その電気工事士の方の経験から言うと、エアコンは通年使っているものの方が断然トラブルが少ないそうです。

当店もエアコンをごくまれにしか使わない方からのクリーニングご依頼でトラブルが起きた事例があります。クリーニングの前もほとんど使う機会がなく、クリーニング後に半年以上たってから稼働して本体から異音がし、ご報告があったものです。クリーニング直後に動作確認をしており、その時はまったく異常がなかったのですが、やはりどうしてもお客様としては異常とクリーニングと結びつけてしまうのです。

家も長年住まずに放置していると崩壊してきます。物質はそのような特性を持っている限り、エアコンも例外ではないのかもしれません。電気代の節約を第一に考えるのは自然なことですが、シーズンオフをできるだけ作らないのがエアコン長持ちのカギなのかもしれないとも思いました。

ハイシーズンを待たずに一度スイッチを押してみてください。無事動いても、ちょっとカビのにおいが気になるようでしたら、今のうちにぜひクリーニングをご依頼ください。真夏のご予約は大変混み合います。早めのご依頼をお待ちしております!