キッチンのワークトップの汚れは台布巾やウエスで拭うのが一般的です。特に洗剤などは付けず、水やアルコールスプレーで汚れを取る方がほとんどではないでしょうか。

素材が色々とありますが、多いのは人工大理石、ステンレス、御影石などです。一例としてこちら、人工大理石ワークトップを磨いた後です。位置によっては映り込みが見えます。



ステンレスでもいろいろな加工がありますが、こちらはエンボス加工のせいか、意外と水あかが付きやすいと思います。



清潔さでは問題ありませんが、もう少し映るように磨けます。



御影石は模様や色のおかげで水あかが目立ちにくいのですが、これが案外汚れがついています。



同じキッチンで位置が違うのですが、分かりやすいのでライトの下へ。こんな感じに変化します。



調理スペースとして大切なパートですので、時間をかけて取り組んでいきます。

キッチン、何かどんよりくすんでる…という時こそハウスクリーニングの出番です!こちらからお問い合わせお待ちしております。

友だち追加
ラインでのご予約承ります!